若者おうえん団

若者おうえん団

首都圏若者サポートネットワークの活動に賛同された「若者おうえん団」のみなさんをご紹介します。社会的養護のもとに育った子ども・若者の現状を世の中につたえ、本当に必要とされる支援を届けるための活動にご協力くださっています。

若者おうえん団団長

加藤登紀子さん

(歌手)

今、大きな不思議の中に私たちは踏み込んでしまった。
人々がもっと豊かで幸せに生きるために、戦後の70年余りの平和があったはずなのに、社会は忙しさに追われ、普通に生きるゆとりさえも失って、将来の不安に怯えている。

今、受胎した子供さえも、産める道筋が立たず葬るしかない母のなんと多いことか、未来の希望を奪われたまま生まれてくる子供のなんと多いことか。
もっとおおらかな愛で、無条件に生きることを喜び、祝福できる世の中に変えなくちゃ、と願わぬ人はいないはず。
みんなでワイワイ楽しみながら支援し、一緒に生きられる場所を作ることを目指して、今できる一歩を提案します。

若者おうえん団メンバー

栗林知絵子さん

(NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク 理事長)

ひとりぼっちでご飯を食べる子どもがいることを知り、動き出した人々はこども食堂をはじめ、首都圏700ヶ所以上に広がった。

虐待やネグレクトで、住み慣れた家も、友達も学校も奪われ施設に行く子、心が折れてしまう子どもの状況を知った時、里親になりたい、支援したいと思うのは私だけではないはず。まずは現状を知らせてほしい。知ることで、思いから行動に変えていける。

数年前、施設に行ってしまった子が来春、高校を卒業する。地域の皆がおせっかいしたので、きっと地域に帰ってくるだろう。そしたら温かく迎え、ずっと気にかけていきたい。私たちができることを考えると、無限にある。その思いや行動を増やし、つなげていき、子どもの未来を明るく変えていけたら、それは私自身の幸せにつながるのだろう。

太田達男さん

(公益財団法人公益法人協会 会長)

子供たちは未来の社会を担う貴重な宝です。2017年の新生児は94万人と、1970年代初頭のベビーブームの頃に比べ、なんと半減以下となっています。このような金の卵ともいうべき子供たちへの児童虐待として、児童相談所が取り扱った件数は、10年前に比べ3倍にも達し、公的施策により支援される児童の数は増える一方です。このような社会的養護を受けた若者には、成年に達した後も完全に自立していくためには、克服しなければならない困難な課題も多く、きめの細かい伴走型の支援が必要です。すでに、数多くの民間組織等がその役目を担っていますが、悩みは資金不足です。

私は、そのような伴走者を資金的に支援しようという「首都圏若者サポートセンター」の設立を心から歓迎し、応援したいと思います。そして、このような動きが全国的に広がることを期待します。

井上義郎さん

(公益財団法人日本ユースリーダー協会 理事長)

“その国の将来を見んとすれば若者を見よ”という言葉があるように、明日の時代を背負っていく子供たちを守り、そして育てていくことは、家族はもちろんのことですが、社会も一緒に担うべき、とても大切な務めです。

一番近くで守ってあげられる家族が、近くにいない、あるいは近くにいられない家族が、残念ながらいます。
子どもは家族とともに育つのが一番です。それが叶わない子供には、社会が手を差し伸べて育てていくのは、当然。

そして、その子どもたちが社会に出てからも、私たちは温かく迎える家族でなくてはなりません。ただ、そうした実態が、なかなか社会には伝わり切れていない。周りに知らしめようと活動をされている「首都圏若者サポートネットワーク」を私たちも応援しています。

古賀伸明さん

(公益財団法人連合総合生活開発研究所 理事長)

国連の一部機関である国際労働機関(ILO)は、1944年にアメリカのフィラデルフィアで総会を開催し、幾つかの重要な宣言を採択した。世に言う「フィラデルフィア宣言」である。その一つに「一部の貧困は全体の繁栄にとって危険である」という宣言がある。

特に、子どもの貧困は、格差の連鎖、格差の固定化を招き、社会の持続可能性における大きな課題となる。そのため、様々な団体・組織が子どもの貧困への支援活動を推進しているが、「社会的養護下にある子どもたち」にはスポットが当たっていないのが現状だ。彼らに寄り添って活動する伴走者たちへのサポートを通じて応援すべく立ち上がった、首都圏若者サポートネットワークに是非ご支援を!